×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

性病検査キットHIV

HIV 検査キット通販

『HIV(エイズ)の現状』

現在、日本では1日に3.7人の方がHIVに感染していることを、あなたは知っていますか?

21世紀に入り、アジア地域におけるHIV・エイズの流行は拡大を続け、日本でもHIV感染者報告数は年々増加を続けています。

2008年の1年間では、新規HIV感染者1113人(男性1049人・女性64人)、新規エイズ患者432人と報告されました。

感染していることに気付かず、他人事と思って過ごし、エイズが発症してからはじめて気付いた、というケースが今とても問題になっています。

HIV検査の受検者は近年急激に上昇しています

1987年から保健所において匿名のHIV抗体検査(エイズ検査)が行われるようになりました。

この数年間は検査件数は中だるみでしたが、最近では検査機関の短縮もあり、受検者数が急激に増えています。

最近は発症を抑えるなど、エイズの治療薬の開発も進んでいますが、根本的な治療法は確立されていません。

その一番の理由は、HIVが免疫の中枢である細胞に潜んでしまうからなのです。

HIVに感染しているかどうかの診断にも、この細胞が指標になります。血液を採り、HIV抗体検査を行ってこの免疫細胞の減り具合を調べます。

HIVは感染してもすぐに症状が現れないのが特徴です。そのため、感染してもほとんど自覚症状がありません。

また、感染初期(感染した日からおよそ1ヶ月から2ヶ月)は、血液検査では陰性となり、感染していることが検査では分からない期間があります。

この期間に献血された血液は、検査でも検出することができないため、輸血した患者さんにHIV感染の危険性があります。

もし、HIV感染の心配がある場合は、検査を受けるようにしましょう。

性病検査キットHIV

性病検査キットHIV

▼下の画像をクリックすると上に大きく表示されます

性病検査キットHIV 写真1

 

販売価格: 4,000

(税込: 4,200円)

カートに入れる

  • ※商品は株式会社もしも、又は各メーカーからの発送となります。
 

キャンペーン

商品のおすすめポイント

業界初!
最大12項目の性感染症を一括検査。
出来るだけ数多くの性感染症を定期的に検査する事で、本当の意味での安心が得られます。
技術開発の進歩により、郵送でブライダルチェックと同等の検査を実現致しました。
検査方法により、料金は異なりますが、他の医療機関で検査した場合、約2倍の費用がかかります。

安心!
各感染症の特徴に合わせた検査方法を採用しているので、より高い精度の検査結果を提供することが出来ます。
ハイブリッドキャプチャー法・培養法・PCR法など、7種類の検査方法を採用しています。

便利!
検査結果は検体到着後、最短翌日で確認可能です。
病院に行かなくても、自宅で手軽に匿名で検査が可能です。
お名前、住所などの個人情報の提供は必要ありません。
検査結果の確認もインターネット上でご本人様だけが確認できるシステムです。

性病検査キットHIV

性病検査キットHIV

 

商品詳細

【検査項目】
HIV

【採取物】
血液(ろ紙)

【医療機器承認番号】
21900BZZ00029000(採血セット)

【検査日数】
検体到着後 最短翌日
再検などで何日か掛かる場合もあります。

上に戻る

キャンペーン

通販(通信販売)の案内

tracking

tracking