×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

売れ筋商品

性病検査キットSTD-6+のど2種セット 女性用

性病検査キットSTD-6+のど2種セット 女性用

性病検査キットSTD-6+のど2種セット 男性用

性病検査キットSTD-6+のど2種セット 男性用

簡単性病検査キットHIV

簡単性病検査キットHIV

 
 

現在、日本では1日に3.7人の方がHIVに感染していることを、あなたは知っていますか?


21世紀に入り、アジア地域におけるHIV・エイズの流行は拡大を続け、日本でもHIV感染者報告数は年々増加を続けています。

2008年の1年間では、新規HIV感染者1113人(男性1049人・女性64人)、新規エイズ患者432人と報告されました。

感染していることに気付かず、他人事と思って過ごし、エイズが発症してからはじめて気付いた、というケースが今とても問題になっています。


HIV=ヒト免疫不全ウィルス、AIDS=後天性免疫不全症候群といい、HIVというウィルスに感染してしまう事よって引き起こされる病気をAIDS(エイズ)と呼びます。

よく混同されるのは、「HIV感染者」と「エイズ患者」。

HIV感染者は、体内にHIVを持っているものの、病気が発症していない状態の人のこと。

これに対し、エイズ患者はHIVの感染がもとで、体の抵抗力が弱まってさまざまな病気を発症してしまっている人を指します。

では、一体どうしてHIVが体内に入るとエイズが発症されるのでしょう?


人間には、カビやウィルスなどの病原体と戦う「免疫(抵抗力)」というものがあります。

エイズという病気、HIVという病原体の最も恐ろしいところは、人間の体を守るために重要な働きをする免疫機構を破壊する点です。

最近は発症を抑えるなど、エイズの治療薬の開発も進んでいますが、根本的な治療法は確立されていません。

その一番の理由は、HIVが免疫の中枢である細胞に潜んでしまうからなのです.

HIVに感染しているかどうかの診断にも、この細胞が指標になります。血液を採り、HIV抗体検査を行ってこの免疫細胞の減り具合を調べます。

HIVは感染してもすぐに症状が現れないのが特徴です。そのため、感染してもほとんど自覚症状がありません。

また、感染初期(感染した日からおよそ1ヶ月から2ヶ月)は、血液検査では陰性となり、感染していることが検査では分からない期間があります。

この期間に献血された血液は、検査でも検出することができないため、輸血した患者さんにHIV感染の危険性があります。

もし、HIV感染の心配がある場合は献血を避け、検査を受けるようにしましょう。



おすすめ商品

性病検査キットSTD-6+のど2種セット 女性用

性病検査キットSTD-6+のど2種セット 女性用

定期的に検査するには最適の検査にのど性病2種類をプラスした安心・簡単な検査です。検査結果は、検体到着後4日で確認可能!

性病検査キットSTD-6+のど2種セット 男性用

性病検査キットSTD-6+のど2種セット 男性用

定期的に検査するには最適の検査にのど性病2種類をプラスした安心・簡単な検査です。 検査結果は、検体到着後4日で確認可能!

性病検査キットHIV

性病検査キットHIV

検体到着日の最短翌日夕方にはスピード判定!HIVの簡単検査キットです。

 

上に戻る

キャンペーン

通販(通信販売)の案内

tracking